HOMEラボ日記(ブログ) > リゾートホテルを意識したコーディネート〜西野モデルハウスSLOW&ACTIVEを徹底解説〜

BLOGラボ日記(ブログ)

カテゴリを開く

家づくりコラム

2021年08月27日

リゾートホテルを意識したコーディネート〜西野モデルハウスSLOW&ACTIVEを徹底解説〜

IZ _0716_Aのコピー2.jpg

2021年秋公開の西野モデルハウス「SLOW&ACTIVE(スロウ&アクティブ)」。
リゾートステイのような暮らしをイメージした、ハイグレードな住空間をテーマにしました。
ここでは、この空間作りのポイントについてコーディネーター植村が解説します。

***

2020年モデル《HOTEL LIKE》では、旅先のホテルで過ごす時間をテーマに、心と体が解放される特別な時間を日常的に味わえる優雅な空間を公開しました。
とてもご好評をいただけたのでHOTELシリーズ第二弾として、2021年モデルハウス《SLOW&ACTIVE》のご紹介をさせていただきます。

今回はニセコのホテルをイメージし、ゆったりした時間に包まれながら、お庭や室内で活動的に過ごす空間をコーディネートしています。
1つ1つこだわり抜いたポイントをご紹介していきますね。

【こだわりポイント・外観編】

この家は間取りが横長に広がる空間ということもあり、どっしりとしたレジデンスの風格があります。
家の前は自分たちの特別な空間として囲い、外からの視覚をルーバーで遮りました。
四季を感じながらテラスで家族や友人と好きな食材を囲み、ワインを飲みながらゆったりとした時間を過ごす。
ここでの過ごし方はそんな空気感を想像していただけたらと思います。

IZ-A_0716_01のコピー2.jpg

【こだわりポイント・エントランス編】

玄関を開けるとスリット窓が並び光が差し込みます。
横に並ぶミラーも窓と同じサイズで並べ、エントランスの広さとリズムを演出。
壁にはポイントでレザー調素材を取り入れ高級感を出し、天井は木目調で迎え入れてくれます。

動線的には、シューズクローゼットから回遊できるようになっています。
ホールには近年人気の、へリンボーン貼りタイルの手洗いを設置しました。

【こだわりポイント・キッチン・ダイニング編】

グレーを基調とした空間の中で、キッチンを清潔感あるホワイトとし、あえてインテリアとして浮き立たせました。
天板の素材にも水晶を使用しさりげない高級感を漂わせています。

キッチンで作業していても、フリースペース側の飾り窓からお子様の姿を感じ取ることができるように。
デザイン性と機能性を考慮しました。

カップボード背面にはいつも使用するお気に入りカップを飾ったりと、見せる収納として。
また見せない収納として食品庫も設けているので、余計なものは見せず常にホテルのようなスッキリとした空間の中で過ごせます。

IZ-B_0716_01のコピー.jpg

【こだわりポイント・フリースペース編】

リビング脇に、小ぢんまりとした「温かくて心地いい場所」という意味の「ヌック」を設置。
家族の存在を感じつつ、ホッと落ち着ける音楽を聴いたり、デスクワークもできる多機能な空間として考えました。
キッチンとの間仕切り壁には小窓を設け、ヌックにいる人の気配を感じられるようにしています。


【こだわりポイント・リビング編】

TVスペースの後ろには間接照明を設置し、映画も見られるような空間として考えました。
天井は掘り込みBOX造作のダウンライトを入れ調光器で夜も照明での演出を楽しめます。
このBOX自体は黒くしており、天井の白さの中でのアクセントになるようデザインとしています。

ダウンライトから音楽が流れる中で、ゆったりとした時間を過ごしていただけたらと思います。

IZ-C_0716_01のコピー.jpg

【こだわりポイント・階段室編】

玄関ドアを開けた瞬間から目に留まるさらし階段。
デザイン性と解放感あり、階段を上がる途中に大きな吹き抜けの窓が。
ここから1・2Fスペースへと光を取り込み、晴れた空を楽しむことができます。

【こだわりポイント・2階フリースペース編】

階段を上ると目につくのが洗面化粧台。ホテル感覚であえてUTと分け、フリースペースへ設置。
おしゃれな洗面なのでインテリアの1つにもなりますね!

また階段に沿って長いカウンターを設置。
ここも家族共有の場所であり、読書、勉強、お仕事、趣味など多彩に活用できるスペースです。
時には、ペンダント照明の下、夫婦でワインを飲みながらバーの雰囲気も味わってみてください。

【こだわりポイント・主寝室編】

床の高さを上げることで特別感を感じさせる寝室。
ヘッド側には少し高めのカウンターを設置し間接照明で柔らかく演出。
ホテルライクな寝室でごゆっくりお休みいただけたらと思います。

【こだわりポイント・洋室編】

子供部屋として、客室として、ジムとして。
コロナ禍などで思うように遊びに行けない方も、家のどこかのスペースにジムを設置してストレス発散させてほしい。そんな思いを込めました。


過ごす歳月によってライフスタイルの変化と共に使い勝手も変わっていく家。
先々を想像しながら設計・デザインする暮らし。
このモデルハウスで、ご自身の新しい暮らしを想像していただけたらと思います。


西野モデルハウス《SLOW&ACTIVE》ご見学予約はこちらから

1080×1080_c2.jpg

インゾーネの家見学会開催中!

家展を見学する