HOMEラボ日記(ブログ) > 洗練された住宅に住みたい!札幌で理想を叶えるおしゃれなアイデアを紹介

BLOGラボ日記(ブログ)

カテゴリを開く

家づくりコラム

2021年12月11日

洗練された住宅に住みたい!札幌で理想を叶えるおしゃれなアイデアを紹介

_97A9523.jpg


洗練された住宅に住みたいという願いは、シンプルとモダン、上質の3つのキーワードを意識することで叶います。札幌で洗練された住宅を完成させるための、おしゃれなアイデアを7つまとめました。ぜひ参考にして、素敵な住まいを完成させてください。




洗練された住宅はシンプル・モダン・上質がキーワード

_97A9529.jpg


洗練された住宅という言葉を聞いて、思い浮かべるイメージは一人ひとり違うでしょう。しかし、シンプルでモダン、上質な住宅は、おそらく多くの人にとって洗練性を感じさせるのではないでしょうか。


シンプルでモダン、上質な住宅とはどのような住宅なのかについて考えれば、洗練された住宅の姿が見えてくるかもしれません。シンプルな住宅、モダンな住宅、上質な住宅について、それぞれの特徴を探っていきましょう。


シンプルな住宅とは?


シンプルな住宅とは、単に物のない住宅を指すのではありません。生活に必要なものはしっかりと保有しつつ、余計なもののない住宅を指します。


例えば余計な装飾がなく、直線だけで形作られている外観は、シンプルな住宅を特徴づけるポイントです。また、住宅の内部にもあまり意味のない凹凸がなく、すっきりとした直線で彩られているとシンプルさを際立たせます。大きな壁面収納やウォークインクローゼットなども、住宅をシンプルにする効果を発揮するでしょう。


モダンな住宅とは?


モダンな住宅とは、現在の空気感を取り入れつつも常に新しい印象のある住宅を指します。つまり、流行に関係なく、いつでも新しく、いつでも少し未来を歩いているような印象の住宅です。


モダンな住宅はタイムレスな存在でもあります。時間の変化に身を委ねてはいますが、時間の概念から超越し、古いのに新しい、新しいのに懐かしい、そんな相反するイメージを簡単に両立させてしまう不思議な住宅です。


上質な住宅とは?


高級素材を使えば上質な住宅が完成するのではありません。上質な暮らしを送れる家、つまり、そこに住まう人々が心からくつろぎ、自分がしたいことを思う存分楽しめる家こそが、上質な住宅といえるのです。


上質な住宅を完成させるためにも、まずはどのような生活を送りたいのか、住宅に何を期待するのかを明らかにすることが欠かせません。そして、その希望を満たす住宅に洗練性というスパイスを加えることで、上質な住宅ができあがります。




洗練された住宅に仕上げる7つのアイデア

_97A9562.jpg


洗練された住宅を作るためには、シンプルさとモダンさ、そして上質さにこだわることが必要です。しかし、シンプル・モダン・上質のいずれもが幅広い意味を持つ概念のため、何から形にすればよいのか迷うこともあるでしょう。


洗練された住宅に近づく7つのアイデアを紹介します。洗練された住宅を目指すときに、ぜひ参考にしてください。


  1. ホワイトベースの内装

  2. 色味を厳選する

  3. インダストリアルとナチュラルの融合

  4. あえて余白をつくる

  5. シンプルな線でできた家具をチョイス

  6. フォーカルポイントを決める

  7. 大容量の壁面収納


1.ホワイトベースの内装


内装をホワイトベースにすることで、一気に洗練性が開花します。壁や天井、カーテンなどの広い面積を占めるものだけでなく、ドアや手すり、ソファーなどの設備や家具も、ホワイトベースで考えてみてはいかがでしょうか。


洗練された雰囲気に仕上げるためには、物がごちゃごちゃと溢れている空間はNGです。また、生活を思わせるようなアイテムが多いのも、洗練性から遠くなってしまいます。


住宅をホワイトベースで仕上げると、物が多くてもすっきりとした見た目になり、ごちゃごちゃとした印象を回避できるでしょう。また、ホワイトベースにすると空間が広く見えるので、優雅な印象にもつながります。


2.色味を厳選する


赤や青、黄色などの原色をインテリアに用いるのは素敵ですが、少しカジュアルな雰囲気に仕上がってしまうという点に注意が必要です。洗練性を第一義にインテリアを整えていくなら、極力色味は避け、ホワイトやグレー、ブラック、ベージュなどのモノトーンやナチュラルカラーを選ぶようにしましょう。


原色などの主張が激しいものは、椅子などの小型の家具やちょっとした小物などでアクセント的に使うことをおすすめします。


3.インダストリアルとナチュラルの融合


ホワイトやグレー、ブラックなどのモノトーンのものを集めると、インダストリアルな雰囲気になってしまうことがあります。


インダストリアルも素敵ですが、より洗練性を高めるのであれば、インダストリアル一辺倒ではなく、ベージュやダークブラウンなどのナチュラルな内装や家具も組み合わせてみましょう。インダストリアルとナチュラルという相反する概念を組み合わせることで、タイムレスで優雅な空間が完成します。


4.あえて余白をつくる


物が詰まった感じになると空間に余裕がなくなり、息苦しい印象になってしまいます。洗練性を高めるためにも、室内や庭などの空間はある程度余裕があり、ラグジュアリーな印象にまとめるようにしましょう。


お気に入りの家具や小物で空間を埋めつくすのではなく、あえて余白を作り、余裕と洗練を感じさせてみてはいかがでしょうか。


5.シンプルな線でできた家具をチョイス


家具を選ぶときは、デコラティブな印象のものよりはシンプルな線でできたもののほうが洗練された雰囲気に近づきやすくなります。デコラティブな家具は素敵ですが住宅が煌びやかな印象になり、モダンというよりはクラシカル、シンプルというよりはゴージャスに仕上がってしまうでしょう。


インゾーネの家ではシンプルな線でできたモダンな家具もそろえております。ぜひ一度、お越しください。


インゾーネの家の家具はこちら


6.フォーカルポイントを決める


フォーカルポイントとは、視線を集めたい見せ場のことです。外観や室内にフォーカルポイントを決めておくことで、ごちゃごちゃとした印象がなくなり、すっきりとした洗練された雰囲気に仕上がります。


例えば玄関にフラワーベースを飾るとき、単に置くだけでは他の小物にも目移りしてしまい、視線が定まりません。フラワーベースを中心として三角形を描くように2つの小物、例えば写真立てやリードディフューザー(フレグランスオイルを木のスティックで拡散させるアイテム)を置けば、フォーカルポイントが完成し、洗練された印象に仕上がるでしょう。


7.大容量の壁面収納


室内をすっきりと見せるためにも、大容量の壁面収納は欠かせません。壁面収納の扉をホワイトベースにすれば、部屋がより広く、洗練された雰囲気に仕上がります。


また、壁面収納を作っておくことで、戸棚やタンスなどの収納家具を極力置かなくても良くなります。地震などのときにも倒れる心配がないので、洗練かつ安心して暮らせる住宅が完成するでしょう。




札幌で洗練された住宅を叶えるインゾーネの家

_97A9555.jpg


札幌で洗練された住宅をつくるなら、スタイリッシュかつモダン、シンプルな住宅づくりの専門家にお任せください。インゾーネの家では、おしゃれで洗練された住宅を完成させる豊富なアイデアをご提案しております。


また、洗練された住宅には欠かせないシンプルで上質な家具を多数取り扱っているのも、インゾーネの家の特徴です。経験豊富なスタッフがお客さまのご希望を叶えるお手伝いをいたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。




洗練された住宅を札幌で完成させよう


_97A9716.jpg


洗練された住宅は、洗練された札幌の土地によく合います。ぜひインゾーネの家で、シンプルかつモダン、そして上質な住宅を完成させてください。



インゾーネの家見学会開催中!

家展を見学する