HOMEラボ日記(ブログ) > 山旅~十勝岳編~

BLOGラボ日記(ブログ)

カテゴリを開く

羽田

2019年08月02日

山旅~十勝岳編~

こんにちは!
営業の羽田です。


前回、羊蹄山へ上ったときのことを
つらつらと書かせていただきました。
山頂の天気は芳しくなく、
期待していた景色は濃霧によってダメダメ。。

一か月が経ち、
今度こそはと思い行って参りました。


十勝岳!!(羊蹄山じゃないんかいっ!)

羊蹄山はまた今度。
しばしお預けです。

さてさて十勝岳、
天気が良くって最高の山旅になりました。

景色に見とれ、
時間を忘れた結果、、
往復に要した時間は計9時間。

総距離16kmのハイクは中々堪えましたが、
天候・気温・景色・人・風呂・ごはん、、、
どれをとっても最高の一言だった山旅の写真を
少しだけご紹介いたしますm(__)m



今回の目的は、山頂から山頂へと渡る

『 縦走 』でした。

十勝岳はいくつもの山が連なっている中のひとつなので、
お隣の山々へ、頂上から歩いて行くことができます。

空知郡上富良野町は、吹上温泉より出発。
下山後にお風呂へ直行できるなんて、もう嬉しい!
始まりから嬉しい限りです!!

わくわく。。

S__54370364.jpg


山頂付近は雲がかかったり流れたり、
「行けばわかる」と、いざ出発。


S__54370365.jpg


なだらかな道を40分ほど行き、
メインルートへ合流。

瓦礫のような岩場がひたすらに続きます。

日差しはあるのですが、
気温は24~25度程度。

登山道を抜ける風が心地良く、
振り返れば富良野の街並みがドーンと広がります。

S__54370366.jpg


今回の旅、またまた欠かせないバディがいます^^
いつもぼくを山へ連れて行ってくださる先輩。

同じくジョンソンホームズ
ナチュリエ営業の木村さんです。
通称キムさんでお送りします。

このあとお送りする写真の8割に登場。
毎度絵になるキムさんです('ω')

S__54370367.jpg


中腹から一気に高度を上げ、

山頂手前まで登り切ります。

S__54394898.jpg

S__54370368.jpg


僅かに残った雪と、
植物のない世界を楽しみながら小休憩。

殺伐としていますが、
普段は目にすることのない景色。


そしてなにより、静かです。

S__54370369.jpg


細かい砂利道が永遠と続きます。

空想の世界ですが、
ここから山頂まではまるで火星のようです。

S__54370370.jpg


地元の中学校の子たちも元気に登山していました。
課外授業で十勝岳を登るなんて素敵です。

「こんにちは!」と声をかけると、
倍くらいの声であいさつを返してくれます。

きっと自分たちも疲れているだろうに、
こちらが元気をもらってしまいました。

S__54370371.jpg


学生たちに外国人と間違われ、
「Hello !!」とあいさつされるキムさん。(笑)

確かに、みんなの気持ちがわからんでもない。
ふたりで笑い倒しました。

山頂までの200mほどはかなりの急こう配で、岩がゴロゴロ。


S__54394896.jpg


蛇行しながら、
各々が我が道を行きます。

S__54370372.jpg


写真ばかり撮って中々進まないふたりですが、
ようやく登頂。

雲が覆ってきたり、
たまにどけてくれたり、
決して見晴らしが良いとは言えない十勝岳山頂でしたが、
我々の本命はここから。

tokachi.jpg


こちらが十勝岳連峰になりますが、
我々が目指すはお隣上ホロカメットク山。

上記画像にはないですが、
上富良野岳というところまで今回は行くことができました。

まずはこの漫画に出てきそうな山。
『 上ホロカメットク山 』へ向け GOー!

(歩いている最中はナメック星と呼んでいました)

S__5437037.jpg

十勝岳から少し標高を下げ、
僅かに緑が見えてきます。

辺り一帯

どこを取っても絶景なのですが
まあなんともうまく写りません。

「伝わらないな」

これがこの時点でのふたりの口癖。

S__54394899.jpg


こんな感じの稜線を

S__54394900.jpg


歩きます。

遠目で見ると道幅が細く見えますが、
実際に立つと2mほどあるので安全です。

雲が過ぎると、
嘘のようにきれいな晴れ間。

S__54370375.jpg


タイミングを計ってしっかり写真に収めました。

これでもまだ伝わらない!
悔しい~~ m(__)m

その後も順調に歩を進め、
(写真を撮りすぎてだいぶのんびりし過ぎましたが、、、)

S__54370376.jpg


上ホロカメットク山山頂へ到着。

時間も時間なのでとサクサク次へ!


雲の中進むこと20分ほど

S__54370377.jpg


上富良野岳山頂へ到着。

大満足したところで下山の時間です。

ということで来た道を戻り、再び十勝岳山頂へ。

S__54370378.jpg


西日を受けながらの帰り道。
火星っぽさが増していました。(笑)

S__54370379.jpg


帰りは3時間ほどで下山。
ほとんどノンストップで来ることができました。

だってだって、

お風呂が待っていてくれるから!(笑)

S__54370380.jpg


毎度のことながら湯船の中で寝そうになるのを抑え、

最高の山旅を締めくくりました。

また紅葉のシーズンになったら来たい。
そう思える山でした。

S__54370381.jpg


下山後
顔にはキャップの日焼け跡が、、、。

黒い顔して
inZONE宮の森店または清田区オープンハウスでお待ちしております。

まだまだ暑い日が続くサッポロですが、
皆様体調管理には十分お気を付けください。

ではまた。

羽田

家づくりのノウハウを
まとめました

まずは資料請求(無料)