HOMEオーナーインタビュー > ステンレスのアイランドキッチンはサイズも仕様もパーフェクトです

INTERVIEWオーナーインタビュー

#04ステンレスのアイランドキッチンは
サイズも仕様もパーフェクトです

キッチンは家に合う価格やサイズに

料理にワイン、車にバイク、
スキューバダイビングは免許持ち。
何事もとことん極めるご主人と、
ほがらかな笑顔が素敵な奥さま。
Iさまご夫妻は結婚と同時に新居に入居されました。

5年間、家賃を払い続けるか、ローンを組んで家をもつか

5年間、家賃を払い続けるか、
ローンを組んで家をもつか

「インゾーネで家を扱っていることは知ってました」と奥さま。でも家をもつのは5年後、資金を貯めてから。結婚準備中のおふたりは、新居とすべき2LDKのマンションを借りて引っ越したばかりでした。

そんなおふたりがインゾーネ宮の森店に来店されたある日のこと、2階に掲示されていた土地情報に目が留まりました。そこへ声をかけたのが担当の神戸です。掲示中の土地のご説明をし、その後も2度3度と来店されるうちに「いまは住宅ローンの金利も低く消費税が上がる前で、タイミング的にいい時期」であることなどをお話し。それを聞いたご主人は、家賃と駐車場代で年間約100万円を支払うことになる現状を考え、その5年分を住宅ローンに充てればダブルメリットが生まれると思い至り、家を建てる決断をしました。

ダイニング テーブル ワイン ワイングラス アイランドキッチン ウッド | インゾーネの家

1センチ刻みの細かな注文にも
対応してくれるんです

プランで一番こだわったのはキッチンです。洋食系の調理師としてお仕事をされた経験もあるご主人は、大好きな料理を楽しめる、作業のしやすいキッチンを熱望。腰に負担のかからない高さ90センチに設定したアイランドキッチンは、タテ・ヨコのサイズもきっちりと指定しました。

「1センチ刻みから細かく対応してくれて、思いどおりの仕上がりです」と大満足のご主人。カウンタートップの仕上げにステンレスを採用したのも希望どおりなら、オーブンと食洗機にはちょっと奮発してドイツ・ミーレ社のものを導入。「キッチンに一番お金をかけてますね」とご夫妻で顔を見合わせ笑います。

書斎 ワインルーム ウッド | インゾーネの家

隣接する書斎兼ワインルームには圧巻の世界のワイン200本も。妥協なく徹底を尽くす、ここもご主人の世界観がみなぎる空間です。

リビング ソファ ウッド テーブル | インゾーネの家

冬の工事でも
心配は
いっさいありませんでした

2011年も押し迫ったころから土地探しがはじまり、2物件目で価格のわりに74坪と広い土地を見つけることができました。

工事は冬期間となりましたが、基礎にはより質の高いコンクリートを使い、工事中はテントで囲って気温を下げないようにするなど、施工の段取りや仕方について説明を受けていたため「なにも心配していなかった」と話すご夫妻。「現場の大工さんからも、冬は木が締まっていいと聞いていましたしね。それに週に1回メールで進捗状況を知らせてくれたので、安心してました」。

4月に竣工したお住まいは、半年ほどインゾーネのモデルハウスとして公開させていただき、ご入居はハワイでの結婚式とほぼ同じ2012年10月。この1年、「予想どおりの快適さだった」と話すご夫妻です。

デザインを気に入った
友人たちには
どんどん紹介してます

LDKの床はじっくり検討したオークの無垢材。「20種類くらいの床材サンプルを取り寄せてもらって吟味しましたが、やっぱり無垢材の床は質感も足触りもよくていいですね」。引っ越した当初は毎週のようにこのLDKにお友だちが集い、ご夫妻の手料理とワインを味わいながら空間を楽しまれたとか。その中から2組がすでに、インゾーネで家を建てています。「デザインの好みが合って、気に入ってくれた人にはどんどん紹介しています。工事費のことなんかも正直に話してるけど、何よりモノがいいしデザインがいいから、オススメのしがいがあります」とご夫妻。ご自身はこれから5年くらいかけて外構や庭を整え、わが家をつくり上げていきたいとのこと。素敵に進化していくだろうIさまのお宅、この先も楽しみです。