HOMEラボ日記(ブログ) > 北欧の灯り @インゾーネ

BLOGラボ日記(ブログ)

カテゴリを開く

羽田

2017年11月20日

北欧の灯り @インゾーネ



こんにちは。

営業の羽田です。

ついにどっさりきましたね。雪。

ちゃんと冬支度しないとなぁと思いつつ、あれよあれよと真冬日な今日この頃です。

それと先週金曜日11月17日には、札幌国際スキー場もオープンしましたね!

スキー欲はふつふつと高まってきています。

と、スキーのことはさておき、、、


こちらのお話です。


ドン。



S_7016775819304.jpg



"リフト"です。



「いや、スキーかよっ!!」


すいません。

写真を見返したら、"リフト" がでてきたものでついつい、、


みなさまご存知の通り、"リフト" ってありますよね。

空中をぷかぷかと進む不思議な乗り物です。

スキー場に行くと乗るのが当たり前ですが、日常の中であの高さを移動することってそうそうないよなぁ。

なんて考えると、かなり素敵な乗り物な気がしてしまいます。(かなり個人的な意見ですみません(-.-))

乗り物としてはもちろん、「絵になる」ところもこれまた素敵なリフトです。


こちら


ぽん。


S_7016775906799.jpg


天気も良い。

そしてこの雪まみれな木々の感じ、前日相当吹雪いたのでしょう。

現代のモノって、どんどん利便性を追求した形状になってゆく中、昔変わらないこのフォルム。。。

リフトの生命線とも言える、長い長い一本のケーブルにも風情を感じてしまいます。

今年は何回乗れるかなぁ。。



さて、本題はリフトじゃありません。

インゾーネの "灯り" についてです。

インゾーネが考える "灯り" は、"北欧の暮らし" がベースとなっています。

日本はどちらかというと、灯りによって部屋全体を明るくする傾向が強いと言われています。

戦後、貧しかった日本では「1部屋に1灯。明るい照明を置く」という節電の意識が広がったことが背景にあるそうです。

その点、「必要なところに必要な分の灯りを」というのが北欧の "灯り" に対する考え方です。

食事を摂るときは、食べ物が美味しく見える灯りを灯し、

文字を書いたり読書をするときは、目に優しく、やわらかい灯りをともしたり、


インゾーネは、そんな "北欧の灯り" を大切にしているんです。


家族が「くつろぐ」リビングスペース、料理が「おいしく」、「楽しく」なるキッチンスぺース、


普段は人目につかないけれど、プライベートな空間だからこそこだわりたいウォークインクローゼット、


こだわりの詰まったインゾーネのお家には、「ホッと、心が落ち着く空間」があります。


その背景には、インゾーネが大切にする "北欧の灯り" の考え方があるからなんです ♪


多くの方々に体感して頂きたいインゾーネのお家ですが、

今週は北38条にある家展にて、「自由見学会」という形でお待ちしております!

ぜひいらしてみてくださいね。


最後に、


ポン


S_7016643634315.jpg


インゾーネ宮の森のメインゲートです。改めまして、なんて素敵。。。(車内からの写真なので汚いですね、、、)


ぼくもまだまだ勉強中、これからもっと "灯り" について勉強していきます!

また今度お付き合いいただければ幸いです ♫

それではこのへんで。

みなさま、雪による事故と、体調管理には十分気を付けてお過ごしくださいね!

AUTHOR

羽田羽田