HOMEラボ日記(ブログ) > 「もの創り」~トイレの歴史にふれて~

BLOGラボ日記(ブログ)

カテゴリを開く

植村

2015年03月17日

「もの創り」~トイレの歴史にふれて~

こんにちは。

先日 九州へ行っていち早く春を感じてきました!

大宰府天幡宮に立ち寄るとが咲きみだれており

春のスタイルで歩いていたら 雪はなくても風が冷たく

寒い・・(*^_^*)

ただいま風邪をひいて鼻づまり状態である植村であります・・

ume.JPG

今日は みなさんがいつも使用するトイレについて 九州で

見てきたトイレができるまでの歴史をお伝えしたいと思います。

なるほど・・と思っていただけたら幸いです。

INZ新築でも標準仕様である Tメーカー。

創業は1917年、下水道が整備されていない時代に

国民が健康で文化的な生活を願い水洗便器製造に着手したことが

はじまりとのこと。

トイレつくりはここから始まったようです・・

DSC_0891.JPG

左から2番目のトイレは座面が木製だったため

ヒビや割れが生じていたそうです。

jyosei.JPG

当時 女性も立小便器でおこなっていたことが!

しかし お行儀が悪いということで 普及はしなかったとのこと。

シャワー.JPG

初期のシャワートイレです。

あたり具合はどうだったのでしょうね。

シャワートイレの初CMで ご飯時に流れると

なんだこれは!と批判をあびたようです・・

ajia.JPG

こちらは 今でも使用されているアジアのトイレです。

私も インドネシアに1ケ月滞在していたことがあり

懐かしかったです。

給排水が発達していないので 紙はゴミ箱へ捨て

必ずトイレ内には バケツが置いてあり水をためて

おしりを洗う習慣のようです。

さすがに私はできませんでしたが・・ 笑((+_+))

pht15_2_02[1].jpg

このように トイレは私たちの暮らしの快適さを追求し

昔から積み上げた人達の熱い想いによって開発されています。

現在では 除菌やお掃除のしやすさまで考慮しデザインも

丸みおびたものまで開発されより快適さが増しています。

工場内も見学しましたが 型枠からはずされたものが

ひとつ ひとつ 人の手によって成型され 大きな陶器をつくって

いる職人技も感じました。

すごいです!

sakana.JPG

最後に お魚の活きじづくりと霧島焼酎で

満喫でございました♪

九州って美味しいものたくさんありますね(*^_^*)

家のこと、お金のことが知りたい方へ

無料相談を予約する

AUTHOR

植村植村